アウトドア・スポーツ用品の正規輸入・販売

スター商事

山岳ライターの商品体験レポートProduct Report

使っている人はごく僅か!? 珍しい焚火台、フュアハンド パイロン&アタゴの使い勝手を確かめてみた!(アタゴ編)

秋キャンプの夜を煌々と照らす焚き火の炎。揺れる火を眺めるだけで、不思議と心が落ち着きますよね。そんな優雅な時間に欠かせない道具が「焚火台」です。検索ボタンをポチッと押せば、オススメ道具の情報は無数にヒットしますが、もちろん検索に引っかからない商品もあります。今回テストした「フュアハンド パイロン」と「アタゴ」が、まさにそれ。口コミも少なく、レビュー記事も見当たらない。だからこそ使い勝手を確かめるために、フィールドテストを行いました! 忖度なしで、感じたままを報告します。

 

前回のパイロンに続き、今回紹介するのは、ペトロマックスがリリースしている「アタゴ ¥39,000+税」です。さっそく収納ケースから取り出すと、短い丸太のようなアタゴが出てきました。カタログを見てみると本体から足が飛び出しており、もっと高さがあります。別にパーツがあるのかな?とも思ったのですが、この商品は一体型。じつはハンドルを握って持ち上げると、自動的に足が飛び出し、本体が伸びる仕組みになっているのです。変形したアタゴのサイズは、直径が42cm、高さは28cm。流行りのロースタイルにぴったりな大きさです。

 

 

まるでロボットのようにワンアクションで変身する様子に、男子なら誰もが一度は感動するはず。元の姿に戻す時も、本体の底を掴んで持ち上げるだけで、自然に足が畳まれて、本体も自動的に縮まります。無駄とは分かっていながら何度も試したくなるギミックに、すっかり心を奪われてしまいました。

 

 

さて、気を取り直して、さっそく焚火台としての性能をチェックしていきましょう。「ファイヤーキット ¥300+税」に火を着けて、細かい薪から焚べていきます。パイロンと同様に、アタゴも2重構造の焚火台なので、さすがに火のまわりは早いです。しかし、比較するとその違いは明確。パイロンは薪が縦方向に収まるので、自然と薪全体に火が燃え移ったのに対して、アタゴの形状は、横幅が長く、縦に短いため、薪が斜めに倒れてしまい、火が全体には燃え広がらず・・・。結局火ばさみを使い、燃えていない薪を焚べ直す必要がありました。

 

 

本体の下部には空気を取り込む穴を開閉するためのハンドルが付いている

 

しかし、アタゴにはパイロンには無い嬉しい特徴があります。本体の直径が42cmもあるので、ダッチオーブンを中に入れて調理することができるのです。ペトロマックスのダッチオーブンだと、ft1-tからft9-tまで、合計5つものサイズが使用可能。

 

ft4.5-tを入れた状態

 

ft3-tは2人で使うのにぴったりなサイズ

 

他にも中華鍋を使った調理もできるなど、複数の調理器具と相性が良い点は、ほかの焚火台にも無いアタゴだけの特徴といえるでしょう。

 

椅子に座りながらのんびり食材を焼いていきます

 

気が付くと、辺りはすっかり暗くなっていました。今回のフィールドテストは初めてのオーバーナイト。長時間に渡るフィールドテストで空になった胃袋を満たすために、パイロンのテストから引き続き、本日二度目のBBQを楽しみました。炭をなかに入れて、付属の網をのせてから食材を焼いていきます。焼き上がりの美味しさを比べると、ジューシーさはパイロンの鉄板焼に軍配が上がるのですが、もちろん表面がパリッと焼けるアタゴの炭焼きも美味。網目模様の焼き目に食欲がそそられます。

 

いい具合にカレーのルーが完成

 

BBQを楽しんだ後は、ダッチオーブンでカレーも作りました。ジャガイモやニンジンなどの根菜類にまで満遍なく火が通り、普通の鍋で作るよりも、ややマイルドな味わいに。ホクホクのカレーを食べると、冷えた身体が芯から温まります。やはり太陽が沈んだあとに楽しむ夕食の時間こそ、キャンプの醍醐味ではないでしょうか。一通りテストを終えて、煌々と燃えるアタゴで暖を取りながら、お酒もチビチビ。ほろ酔い気分で静かに夜は更けていったのでした。

 

【まとめ】

今回テストした「フュアハンド パイロン」と「アタゴ」は、共に燃焼効率がいい2重構造の焚火台ですが、全く別物と考えていいでしょう。パイロンが常設向きの焚火台なら、アタゴはオートキャンプなどに適した運搬向きの焚火台。さらに、パイロンがスタンディングで豪快に焚火やBBQを行うスタイルなのに対して、アタゴは椅子に座るロースタイルで、静かに焚火やBBQやダッチオーブン料理まで楽しむことができます。もちろん、どちらが優れているというわけではなく、道具はシーンに応じて使用してこそ、その真価を発揮します。理想の焚火姿をイメージしながら、一生の相棒となる焚火台を手に入れましょう。

 

Petromax

アタゴ

https://www.star-corp.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=100501


山岳ライター:吉澤英晃

山岳ライター吉澤英晃が、毎月1つのアイテムを実際に使ってみてレポートする連載企画。
登山からキャンプギアまで様々なアイテムの使用感や特徴を紹介していきます。(構成・文:吉澤英晃)

【自己紹介】
大学の探検サークルに入部したのことをきっかけに登山を開始。
社会人山岳会に所属し、夏は沢登り、冬は雪稜からバックカントリーまで、一年中山で遊んでいる。
登山用品の営業職を経験した後、現在はフリーライターとして活動中。