スター商事

取扱店舗検索Shop List


HK500

検索結果 15件みつかりました

セラミックノズル(パーツNo.3)の落下原因について

使用中セラミックノズルが落下した場合は、ガスチャンバー(パーツNo.34)が原因です。

真鍮製の為熱膨張によって膨らみ、ノズルが落下する原因となります。

ガスチャンバーは準消耗品の為、このような症状がでたらパーツ交換が必要ですので新たにガスチャンバーをご購入し付け替えてください。

熱膨張の程度は個体差があるため、予備用で1つお持ちになっておくことをお勧めいたします。

HK500を初めて使用する前に!

HK500をご購入いただいて、初めてご使用する前には必ずホヤガラスの上下に取り付けてあるプラスチック製の保護リングを取り外してください。

保護リングは運送時の振動からホヤガラスを保護する目的のために取り付けられています。

取り付けたままで点火すると溶けて炎上する危険性があります。

必ず保護リングを取り外してから使用してください!

ちなみに取り付けたまま点火すると下記のようになります。そうなったときはご連絡ください。

点灯、消火方法 (動画)

Petromax HK500 点灯から消火まで

HK500の点灯から消火までを動画にしました。

初めて点灯する方、使っているけどこの使い方でいいのかな…と不安なかた、

ぜひこの動画を見て正しい使い方をマスターしましょう!

専用スパナの使い方

付属品でついている専用スパナの使用方法です。

①No.114 ホールエキセントリックのネジを緩める。締め込む。

②No.33 ミキシングチューブの高さを測る。

③No.50 ニップルを緩める。締め込む。

④No.114 ホールエキセントリックの根元の六角ナットを緩める。締め込む。

⑤No.226 予熱バーナーの根元を緩める。締め込む。

⑥No.153 ジェネレーター下部を緩める。締め込む。

専用スパナで締め込みにくい箇所を無理に締めるとパーツがなめてしまう場合があります。

無理に使用せずお持ちのモンキーレンチや、六角レンチがありましたらそちらをお使いください。

マントルの交換時期はありますか?

破れるまで使用できます。

空焼きして点灯することで強度は高まりますが、灰状のマントルは非常に繊細で壊れやすいのでお取り扱いには十分注意して下さい。

マントルに穴が空くとそこから炎が出てホヤガラスや器具の破損の原因となりますので、破けたら新品のマントルに交換してください。

車での運搬中の揺れによる衝撃で空焼きしたマントルが壊れることもあります。

常にマントルの予備を持っておくと安心です。

 

ランタンの燃料について

HK500に使用できる燃料は、下記の通りです。

・灯油(石油ストーブ等の燃料)

それ以外の燃料は使用できません。

また古い灯油の場合、燃焼不良を起こす場合がありますのでご使用にならないでください。

※アルコール、ベンジン、ガソリン、ホワイトガソリンはご使用いただけません。

灯油に寿命はありますか?

灯油に使用期限はありませんが保管方法などによって使用できる期限が変わってきます。

安全にご利用いただくために下記の注意事項をお守りください。

・保管時は直射日光のあたる場所を避ける。

火気・雨水・日光・高温多湿の場所は避けましょう。

・できたら1シーズンで使い切る。

・酸化させない。

変質した灯油は正常な灯油(無色透明)に比べて黄みがかった色がついています。

・水や他の燃料を混入させない。

保管時は容器の蓋をしっかり閉めましょう。雨が入り込んだり霜や結露で水分が混じる等、不純物が混じると不完全燃焼や故障の原因になります。灯油以外の油を入れたことのある容器に保管しないでください。

 

つながる最新の情報やキャンペーンなどをお知らせいたします。