スター商事

取扱店舗検索Shop List


123Rスベア

検索結果 3件みつかりました

開梱時の状態について

開梱時の「123R」の状態は写真のように、一部擦れた箇所がありますが、製造工程上および、製品収納時の避けられない擦れであり、不良ではございません。

使用時のチェックポイント

①燃料が気化しない場合

123Rスベアは自動加圧システムのストーブなので、ポンピングは必要ありません。そのため、使用前にはしっかりと予熱をしましょう。

使用するときの気候や高度によって変わりますが、2分ほどは予熱をしましょう。

本体のくぼみに予熱剤を入れて予熱剤に点火します。着火したら風防をかぶせて2分ほど予熱しましょう。

②点火後、炎が安定しない。

123Rスベアはホワイトガソリン専用ストーブです!

間違った燃料を使用したり、汚れた燃料を使用した場合はタンク内の洗浄が必要です。

場合によってはウィックの交換が必要になります。

ホワイトガソリン以外は絶対に使用しないでください!

徐々に火が消えてしまう。圧が漏れる

予熱を十分に行って点火しても、使用中に徐々に火が消えてしまう場合は、安全弁のチェックをしましょう。

注油口キャップのパッキンから圧力が漏れていることが考えられます。

注油口キャップを外して、パッキンの状態を調べます。

パッキンを取り換えて圧力が漏れる場合は注油口キャップの交換をします。

注油口ゴムパッキンの交換

・千枚通しを用意します。

①注油口キャップを外します。 中の注油口ゴムパッキンの状態を確認します。

膨らんだり内側がしわしわになっていたら交換してください。

②交換の場合は千枚通しを使って取り外して新しいパッキンに交換します。

注油口キャップからの圧力漏れの確認

①注油口キャップの上部の穴が開いている個所につば、もしくは石鹸水を付けます。

②少し膨らむだけなら問題ありませんが、すぐに弾けてしまう場合は安全弁が作動したままの状態です。

圧力が常時抜けている状態のため、注油口キャップ本体の交換が必要です。

つながる最新の情報やキャンペーンなどをお知らせいたします。