株式会社 スター商事

Q&A

メーカー別Q&A

《123Rスベア》 徐々に火が消えてしまう。圧が漏れる

予熱を十分に行って点火しても、使用中に徐々に火が消えてしまう場合は、安全弁のチェックをしましょう。



注油口キャップのパッキンから圧力が漏れていることが考えられます。



注油口キャップを外して、パッキンの状態を調べます。



パッキンを取り換えて圧力が漏れる場合は注油口キャップの交換をします。





 



注油口ゴムパッキンの交換



・千枚通しを用意します。





①注油口キャップを外します。 中の注油口ゴムパッキンの状態を確認します。



膨らんだり内側がしわしわになっていたら交換してください。





②交換の場合は千枚通しを使って取り外して新しいパッキンに交換します。



 



注油口キャップからの圧力漏れの確認



①注油口キャップの上部の穴が開いている個所につば、もしくは石鹸水を付けます。





②少し膨らむだけなら問題ありませんが、すぐに弾けてしまう場合は安全弁が作動したままの状態です。



圧力が常時抜けている状態のため、注油口キャップ本体の交換が必要です。



Q&A一覧へ戻る

商品検索

上記キーワードで検索できます。
(商品名、商品説明文内の文字)

THERMOSIGG スキンコム ユーティリキー
製品マニュアル
OUTDOOR CATALOGUE
ショッピングサイトへ