株式会社 スター商事

2016年11月14日
 雨具を撥水加工しよう!(GEARAID ウォッシュインウォータープルーフィング) お知らせ

GEARAID ウォッシュインウォータープルーフィング編 

みなさん、登山や、キャンプで雨具を着た後に洗濯はしていますか?

使っているうちにだんだんと水がはじかなくなってきている方も多いのではないのでしょうか・・・

雨具を着た後は必ず専用の洗剤を使って洗濯しましょう!

・・・とのことで以前プロクリーナーでのお洗濯方法をご紹介しました。

「洗濯編」は こちら をご覧ください。

・・・が!

長く着用していると、撥水性能は徐々に衰えていき洗剤での洗濯だけでは回復が厳しくなってきます。

こうなる前に撥水処理をすることで、ウェア本来の撥水性能を復元させましょう。

GEARAID ウォッシュインウォータープルーフィング

ウォッシュインウォータープルーフィングはゴアテックス等の防水透湿素材、ソフトシェル、フリース等あらゆるタイプの高機能ウェアに使用できる撥水剤です。

衣類を漬け置きした後に乾燥機で乾かして処理するタイプの撥水剤。

フッ素を含まない環境と健康に配慮した成分です。濃縮タイプの最新成分を配合しているので従来品に比べて多くの数の衣類の撥水処理が可能になりました。

 

さっそく試してみましょう!

※撥水剤を使用するときは必ず雨具の洗濯をしてから行います。

プロクリーナーで洗濯した後、乾かす前の濡れた状態のまま撥水作業に入ります。

  

洗濯機、手洗い、どちらでも使用できますが、今回は手洗いでおこないます。

  

①大きな容器にウェアがつかる程度のぬるま湯を入れます。今回は浴槽にためてみました。

②ウォッシュインを適量入れます。ジャケット1着につき30ml、キャップ約5杯分を使用します。

今回は、ジャケット1着、ズボン1着なので60ml、キャップ約10杯分をいれます。

③撥水剤を入れたらしっかりとかき混ぜます。

④衣類をやさしくもみ洗いした後、約10分間漬け置きします。

⑤脱水をします。すすぎはしないでください。

⑥衣類についている洗濯表示に従って乾燥します。ラベルがない場合は大型のドラム式乾燥機で中温で1時間以上かけて乾燥させてください。

乾燥機で熱処理することで撥水成分が素材に浸透して効果が長持ちします!

⑦乾燥させた後は撥水性能が回復!

  

雨具は山でご自身を悪天候から守ってくれる大切な相棒です。

悪天候時に快適に過ごせるように日頃からメンテナンスはしっかりとしましょう!

※洗濯の際は必ずお持ちの衣類の洗濯表示を確認してからご使用ください。

スター商事HP上の商品の詳細は こちら からご覧ください。



スター商事本社サイトニュース一覧へ戻る

商品検索

上記キーワードで検索できます。
(商品名、商品説明文内の文字)

THERMOSIGG スキンコム ユーティリキー
製品マニュアル
OUTDOOR CATALOGUE
ショッピングサイトへ