株式会社 スター商事

会社情報

製品マニュアルダウンロード

OPTIMUS 8Rハンター・123Rスベア ニードル調整法

『スピンドルを右一杯に回したのにでも消火できない』といった症状を経験したことはありませんか?

これはニードルとスピンドルの噛み合わせがずれてしまった時に起こる症状です。そのような時は是非次のマニュアルを参照して下さい。お手元のOPTIMUS製品が復活しますよ。
(この画像は123Rスベアにて実施しておりますが8Rハンターも基本的には同様の手順となります。)

手順1 ◆手順(1)
ニードル調整のみ実施の場合は"手順(4)"まで進んでください。(スピンドルは外さなくても大丈夫です。)

手順2 ◆手順(2)
各パーツの名称です。
(8Rハンターも同様の金額となります)

ニップル@800円
クリーニングニードル@800円
メタルリング@300円
グラファイトパッキン@400円
スタッフィングボックス@400円
スピンドル@1,200円
バーナーアッセンブリー@5,800円
ウィック@1400円
(すべて税別)

手順3 ◆手順(3)
メタルリングは表と裏があります。クボミのある方にグラファイトパッキンを入れるようにして下さい。

手順4 ◆手順(4)
ニップルを外し、スピンドルを左一杯に回しクリーニングニードルを取り出します。(注)注油口キャップをつけたままにしておくとウィックに染み込んだ燃料が逆流する恐れがありますので必ず外した状態で実施して下さい。パーツを取り付けたスピンドルを入れ動かなくなるまで右に回します。その後スタッフィングボックスを入れ閉めこむとグラファイトパッキンが潰れる感覚がありますがそのまま締め込みます。

手順5 ◆手順(5)
そのままの状態でクリーニングニードルを入れスピンドルをゆっくり左に回すとニードルが上昇して『カチン』という音と共に下に落ちます。その後スピンドルを右一杯に回しニードルを一旦下げて下さい。ニードルが内部に入り込めば1段かみ合ったことになります。この作業を3~4回実施して下さい。

手順6 ◆手順(6)
右一杯に締めた時、ニードルの肩が穴の内側の狭まった部分の高さと同じ位になるようにして下さい。(画像参照)

手順7 ◆手順(7)
最後にニップルを取り付けスピンドルを動かしニードルが上下に動くことを確認して下さい。

手順8 ◆手順(8)
必ず燃焼テストを実施して下さい。


マニュアルを読んで解からない事や故障と思われる場合、 メールinfo@star-corp.co.jpへご連絡下さい。

商品検索

上記キーワードで検索できます。
(商品名、商品説明文内の文字)

THERMOSIGG スキンコム ユーティリキー
製品マニュアル
OUTDOOR CATALOGUE
ショッピングサイトへ